けやき坂46がキン肉マン例えの習得に挑戦【全例えまとめ】

オードリーが司会を務める、けやき坂46の冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京系)。2月10日放送回では「春日バースデー特別企画 キン肉マンを習得しよう!」がオンエアされた。

年齢的なこともありひらがなメンバーはこれまでオードリーの発するキン肉マン例えネタをまったく理解できていなかった。今回は40歳の誕生日を迎えた春日さんの希望により、そんな「深すぎる溝」を埋めるため、ひらがなメンバーはキン肉マンの習得に挑戦することになった。

ノリノリでキン肉マンの説明を始める春日さんに「トーク上手いな」と若林さんからツッコミが入るなど、番組はトップギアで進行。番組内ではメンバーが考えたオリジナル超人も披露された。柿崎は「ツインテ脚力超人」、ミホ・ワタナベ(渡邉美穂)は「ご飯横取りマン」、番組初登場の前回に続き参加した3期生・上村はいるだけで相手の目を回すという「ぐるぐーるマン」を考え出した。

その後はキン肉マン例えの習得に挑戦することに。富田の元気な挙手に、久美が「ロビンマスクと戦った時のアトランティスか!」とツッコむと、若林さんは「感動しちゃった」と喜んでいた。次に紹介されたのは「金網に怯えるモンゴルマンか!」。久美の「潮が練習してました」とのブッコみにより、潮がジャンピングツッコミを披露。潮はひたすら恥ずかしそうにしていた。

番組ではキン肉マンの素顔を紹介。高本は「キン肉マンって素顔あるんですか?」と質問があったが僕も知らなかった。若林さんは「それはいい質問ですね」というトークと共にキン肉マンの36巻を紹介。男前な素顔にメンバーからは「かっこいい」の声が挙がった。若林さんも30年来やっているというニット帽のネタを説明。とてもうれしそう&楽しそうだった。

番組ラストには、「キン肉マン例え」実践編にメンバーが挑戦。「キン肉マンボケ」を仕掛ける春日さんに、メンバーが様々なキン肉マン例えでツッコんでいた。MVPに選ばれた松田にはキン消しつかみ取りがプレゼントされた。

次回は2月17日放送。「スナック眞緒」をオンエア予定。高瀬・東村・加藤が抱えた悩みを相談する。

キン肉マン例えまとめ

・勢い良く、元気に挙手した時
→「ロビンマスクと戦った時のアトランティスか!」

・怖がっている時、怯えている時
→「金網に怯えるモンゴルマンか!」

・助ける、身代わりになる
→「激流に飲まれるサムソン・ティーチャーか!」

・表情の変化
→「アシュラマンか!」

・無反応、ガードが固い時
→「肉のカーテンか!」

・場の空気を変えたい時、変な空気になった時の改善
→「フェイスフラッシュか!」

・念入りに準備している時
→「試合前のウォーズマンか!」

・尖っている行動や、立ち食い
→「初期のテリーマンか!」

・トゲトゲやスタッツ系のファッション
→「ネプチューンマンか!」

・どんな事をしてでもやりたい事がある時
→「女房を質に入れてでも行かんと!」

・黒ヘルメットのライダー
→「ウォーズマンか!」

・ボロボロのカバンを持っている人
→「子どもの頃のウォーズマンか!」

・イメチェン、変装している人
→「ザ・シャネルマンか!」

・星型に
「ペンタゴンか!」

・どっしり座る、歌のフォーメーション
→「Vの陣形か!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました