日向坂46キャプテン・佐々木久美が『Ray』専属モデルに就任

2月14日、日向坂46のメンバー4人が、ファッション誌の専属モデルに起用されることがわかった。加藤史帆が『CanCam』、佐々木久美が『Ray』、佐々木美玲が『non-no』、高本彩花が『JJ』専属モデルとなる。

佐々木久美(提供写真)

昨年9月にランウェイデビューを飾ると、今年1月にもTGC静岡のステージを踏んだ久美が、ファッション誌『Ray』の専属モデルに就任することになった。坂道グループからのRay専属モデルは、乃木坂46の白石麻衣(卒業)、欅坂46の渡辺梨加に続き3人目。その他の専属モデルには、佐藤晴美・松井愛莉・松元絵里花・鈴木愛理・上西星来・加藤ナナ・岡崎紗絵・中村里帆・吉田朱里 高橋ひかる・斎藤司が名を連ねる。

久美は「モデルのお仕事はずっと自信がないながらも、思い描いていた夢だったのでその夢が現実となり、本当に本当に嬉しいです。」とコメントを発表。Ray影山和美編集長は「撮影で初めて会ったときに、まずそのスタイルのよさに目が惹きつけられました。モデル顔負けのスタイルはどんな服装にも合うと確信。まさにひとめボレだったんです。」と明かした。

佐々木久美コメント全文

「モデルのお仕事はずっと自信がないながらも、思い描いていた夢だったのでその夢が現実となり、本当に本当に嬉しいです。私は日向坂46で一番背が高いので、その身長を活かすことができるように、また、私が憧れてたようにキラキラした、真似したいと思っていただけるようなモデルさんになれるように頑張ります。」(Ray4月号(2019年2月23日発売)より)

Ray影山和美編集長コメント全文

・佐々木久美について
撮影で初めて会ったときに、まずそのスタイルのよさに目が惹きつけられました。モデル顔負けのスタイルはどんな服装にも合うと確信。そして、品のある美しい顔立ちは22才(当時)と思えないほど! まさにひとめボレだったんです。撮影終了後には、キャプテンである佐々木久美さんの号令で全員揃っての挨拶が。あまりの礼儀正しさにスタッフ全員感心しました。今後は、かわいいものからカッコいいものまで幅広く着こなせるモデルになっていくと期待しています。Rayに新しい風を吹き込んでくれる大きな存在になることは間違いなしです。

・日向坂46について
「けやき坂46」は次世代を担う存在として注目していました。ライブなどで観ると元気でパワフル、そしてかわいさの中に品があって、ひたむきな素直で…。誰でも応援したくなる存在だと思います。コンサートを1回見ればみんなファンになると思います。そんなグループのキャプテンである佐々木久美さんにエールを送りたいです。ファンとしても応援していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました