TAKAHIRO先生がミュージックステーションに初出演。家入レオさんとコラボパフォーマンス

2月15日20時から放送された、ミュージックステーション(テレビ朝日系)にTAKAHIRO先生が初出演。家入レオさんとコラボパフォーマンスを行った。

TAKAHIRO先生はタモリさんとのトークで「家入さんの曲を聴いて、小さな自分の大きな愛が希望と絶望を叫んでいるような気がして、感情を表現させていただきます」とパフォーマンスについて語った。

一方、家入さんは「TAKAHIROさんの体に表情があるというか、パワーに圧倒されています」とダンスの力強さについて語った。

TAKAHIRO先生は頬を自分で叩くなど痛みを表現。激しいダンスで床を転がり、「胸の中かき乱し」という歌詞では胸の前でキレのある腕のダンスを披露。「問いただしてしまう 温もりを感じたくて」という歌詞では呆然と立ち尽くして楽曲の世界観を表現していた。

今回のダンスパフォーマンスで感じたのはTAKAHIRO先生の凄さはもちろん、このダンスが平手友梨奈のコンテンポラリーダンスに受け継がれているのだなということだった。ラストの「おねがい 私をみつめていて」では、寂しい感情を緊張感あるダンスで表現。その姿は『黒い羊』のMVの屋上で上半身を震わせる平手友梨奈を思い浮かべるものだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました